ドブの匂いを10時間連続で嗅ぎ続けたからこそ見えた、引き寄せの真実



 

石川裕之です。

 

ちょっと衝撃的なタイトルかもしれませんが笑。

 

でも、自分の経験で伝えられることがあるかなと思い、

改めてまとめてみようかと思いました。

 

引き寄せの法則とは

引き寄せの法則、ということは成功法則を学ぶ人は聞いたことがないというほどだと思います。

「思考は現実化する」

とも別の言い方すればそうなります。

 

でもこれ、

「そうは言ってもな・・・」

ということはあると思うんです。

 

「だって、考えていることが現実化したら、今考えてるもん!金持ちになりたいとか!」

とか、思いますよね笑。

 

これ、私自身もどうなんだろうな、と感じていたのです。

 

でも、これを逆のパターンで実感する出来事があったのです。

 

日雇いバイトの仕事。

自分がお金に苦労していた頃、

色々と日雇いバイトをしていました。

 

男で、てっとり早く1日でもらえる仕事というと、

 

一日中、お酢を運ぶ仕事だったり。

某カク○スの倉庫で仕分けをしたり。

某ファストファッションの倉庫でタグ付けする仕事だったり。

 

色々やってきました。

 

その中で衝撃的だった仕事

その中で、自分が色々と自分の人生や考え方について

衝撃を与えた仕事がありました。

 

 

とある日なのですが、いつも入っていたところがちょうど埋まってしまっていました。

でも仕事はしたかったので、何か紹介いただけるところはないかと聞いてみると。

 

「ありますよ」

 

と。

 

その内容が、

 

「空き缶の仕分け」

 

という仕事。

ソラ
空き缶の仕分け?なんだか楽そうですね
だと思ったので、
あと、仕事を好きこのんでいるわけにはいかなかったので、
受けることにしました。

ぐにゃっとするゴム手袋

朝6時半起き。

現地の最寄駅について、

現場に向かう中で感じたこと。

 

 

ん、臭う。

 

ソラ
え、え、どういうことですか?
現場に近づけば近くほど臭う。
そして到着したのは。
産廃工場だったのです。
ほんと、こんな感じ。
要するに「空き缶の仕分け」作業とは、
その週でゴミとして捨てられた空き缶を、
アルミやスチールなどに仕分ける作業だったのです。
さて、作業に入ろうと思った時に、
軍手で作業場に入ったら。
「あー、それじゃ作業できないよ。」
と、その日の指導係に言われ。
「空き缶だけじゃなくて、空き瓶とか割れてそこらじゅうに散乱してて危ないから、これをつけて!」
と言われて渡されたのが。
ゴム手袋。
この画像はきれいですけどね。
渡されたのが、新人さんが毎回やっていたもの。
みなさん、想像してください。
肉体作業が続く現場。
産廃で匂いがきつい。
そして、通気性が全くないゴム手袋。
それを真夏もつけていたようなもの。
そうです。
朝なのにつけた瞬間、
グニャ
ってしたのです。

ソラ
ほ、本当ですか、、、
もう、この現場から逃げ出したくなる。
でも、やるしかない。

ゴミを動かしてみると。。。

現場は、要はゴミの山。

 

書くだけだと簡単ですが、

とりあえず書いておきますと。

 

現場は常に臭う。

地面には飲み残しがドブ化してぬめっている。

そのドブが溝にまとまり、

その上を通るたびにえづく。

そして、たまったゴミ服を動かすと、

Gが動く。

わさわさっと。

そして休憩になってゴム手袋を外すと、

自分の手の指から、きつい納豆のような匂いがこびりついている。

 

とにかく外にでて新鮮な空気を吸いたいと

思ってコンビニ行ったとき唯一のオアシス。

だからこそ思ったこと。

 

さて、この一連の状況にいる状況にいることを想像してもらった時、

あなたはどう考えるでしょうか?

 

「なんで俺がこんなことを・・・」

「どうしてこんなことに・・・」

「来なければよかった・・・」

「嫌だなー・・・」

「臭い、逃げたい」

 

色々思うと思います。

 

実際、本当に臭かったです。

 

ゴム手袋によって手の指先についた納豆臭。

2日くらい取れませんでした。

 

(もうずっと、嫁に「臭い臭い」言われてました笑)

 

自分も上のこと、一通り思いました。

 

でもそれと同時に、どこか自分自身を客観視している自分が思ったわけです。

 

「あ、こういう気持ちを普段どこかで思ってしまっていたから、自分が逆に引き寄せてしまったんだな」

 

と思ったのです。

 

ソラ
え、どういうことですか?
だって、思考は現実化するんです。
普段、どこから思っていたはずなんです。
「お金ないな、嫌だな」
とか、
「苦しい」
とか、
「人生面白くないな」
とか。
思っていたからこそ、思考が現実化した
のではないかと思ったわけです。

決意したこと

 

だからこそ決意しました。

 

「何か不平不満を言ったり思ったりしたら、この現場に引き戻されるぞ。だから絶対言わないし思わない」

 

と。

そして、

もちろん人間なので絶対はなく、マイナスだったり不平不満を言ったり思ったりしてしまうこともあるかもしれない。

その時は、

「いやいや、そうじゃない。自分は今は幸せだし、もっと幸せになるべき存在なんだ」

と思おうと。

 

 

すると、

 

知り合いが仕事的にプラスになるような連絡が来たり。

 

ということが起きたのです。

 

 

まとめ

 

だからこそみなさんに伝えたい。

 

あなたが今起きている現実は、

確実に自分が引き起こしていること。

 

もしそれが顕在意識的に違ったことだとしたら、

潜在意識に強く言ってやるように、

「自分がこうあるべきなんだ」

「自分は幸せなんだ」

と思ってあげてください。

言ってあげてもいいです。

嫌という程言ってあげてください。

そしたらいつか、

自分の気持ちが「抜けきる」

ときがあります。

それが、思考が潜在意識的にふに落ちた瞬間だ、と思いますよ。

 

 

 

それでは。

 

 

石川裕之

 



コラムの関連記事
  • 自分の閃き力を最大限にする方法 v2 〜ミニマリスト編〜
  • どれだけ検索され得るか。【Twitter広告分析 v2】
  • ドブの匂いを10時間連続で嗅ぎ続けたからこそ見えた、引き寄せの真実
  • 頭を無にすることで得られること。
  • 自分の閃きを最大限にする方法。
  • トレンドを適度に捉える。 Twitterのアナリティクス分析 20190926
おすすめの記事
九頭龍神社 後編
石川の日常
石川裕之です。 さて、後編です。 前編見ていない人は、 見てみてくださいね。 前編では九頭龍神社にまつわる過去のエピソードを書きました。 =...
あ行
ROI (あーるおーあい、英:Return On Investment) ROI とは、投資した資本に対してどれだけの利益を得られたかを表...